住まいのFP相談所

» 事前審査と金利優遇について

 

いいことずくめ!?の「事前審査」

実は、住宅ローンの正式なお申し込みは、住宅購入の契約が締結していないとすることができません。ご自身が、住宅ローンでどれだけの借り入れができるのか?そもそもローンが通るのか?という不安な状況で契約を結ぶのは、大きなリスクを抱えなければいけないといっていいでしょう。
 
そんな時に役に立つのが、各銀行が行っている「事前審査」という制度です。
 
事前審査を行えば、その銀行が、あなたにどの程度の融資が可能なのか、どの程度の金利になるのかということが事前に分かるうえに、その銀行で必ず融資を受けなければいけないということもありません。複数の銀行で事前審査を行うことにより、自分にとって、どの銀行があっているのかということが分かるのです。
 
さらに、どの程度の金利なのかということもわかるということは、その金利で今後の支払い計画のシミュレーションも行えるというわけです。不安を抱えて物件探しを進めるよりも、事前審査を行って、万全の態勢で住宅購入ができるようにしておくことをおすすめいたします。
 

 
 

「事前審査」を受けていなければ契約できない物件も!?

売主様によっては、事前審査を受けていなければ契約を受け付けないという場合もあります。せっかく気に入った物件が見つかっても、他の方に先を越されてしまっては元も子もありません。このような事態を防ぐためにも、早い段階で事前審査を行っておくことが物件購入を有利に進めることにもなるのです。
 
 

不動産会社によっては、事前審査を複数の銀行で行うことが可能!

いくら簡単な事前審査とはいえ、複数の銀行でそれぞれ手続きを行うのはなかなかの手間です。各銀行に出向き、必要な書類をそろえて提出し、その結果を自分で比較することになります。
 
このような手間を省くためには、複数の銀行と提携している不動産会社を選ぶことです。不動産会社が事前審査の申し込みや必要な書類の収集まで、全て窓口となってやってくれるのです。これを利用すれば、面倒な手続きを省いて、複数の銀行の事前審査を行うことが可能となります。
 
 

事前審査の金利優遇幅はどこでも一緒?

さて、事前審査によって、ご自身の金利優遇幅もわかってくるわけですが、実はこの金利優遇幅、窓口となっている不動産会社が銀行側と交渉することによっても変わってくるのです。
 
複数の銀行に事前審査の申し込みをした場合、各銀行を競わせることによって、より良い優遇幅を提示してもらえることが可能なのです。とはいえ、金融機関へ金利の交渉を行ってくれる不動産会社はまだあまり多くないのが現状なので、金融機関との交渉経験が豊富かどうかなどにもポイントを置いて不動産会社を選ぶことが、ご自身にとって有利な条件で住宅ローンを組むために必要になってくるといえるのです。
 
 

金利優遇はどのようなことで差がつくの?

先ほども述べたとおり、金利優遇は不動産会社によっても変わってきますが、特に大きく差がつくのが、借り手側の状況によるものです。
 
昨今の低金利の情勢では、金利に変動がなく、リスクも少ない固定金利の住宅ローン商品を選ぶ方も増えてきているのではないかと思われますが、はたしてそれが賢い住宅ローンの選択方法なのでしょうか?
 
実は、フラット35を中心とした全期間固定型の住宅ローンでは、基本的に金利優遇を受けることができません。つまり、誰が借りても金利は変わらないのです。
 
一方、変動金利型であれば、借り手側の状況によっては、大変有利な金利優遇を受けることができる場合があります。例えば、全期間固定型の店頭金利が2.245%、変動金利型の店頭金利が2.475%だとして、公務員の方で、-1.7%の金利優遇が受けられたとします。すると、その金利はなんと0.775%。全期間固定型の金利と比較すると、その差は1.475%にもなるのです。
 
しかし、これが自営業の方になると、その金利優遇幅は-0.4%ほどに抑えられてしまいますので、一概に変動金利がいいとはいえません。このように、借り手側の状況によって、どの商品を選ぶべきなのかが変わってくるというわけです。
 
どの住宅ローン商品を選べばいいのかは、個々によって様々です。
 
このように、銀行や不動産会社、借り手側の状況によっても、どの住宅ローン商品を選ぶべきなのかが変わってきます。ご自身にとって、一番いい商品を選択するためには、銀行や社会情勢などを確実に把握し、第三者の目線から正確に判断することのできるFPなどの専門家のサポートを受けるのが必須といえるでしょう。
 
 

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2019 住まいのFP相談所 All rights reserved.