住まいのFP相談所

» 資金計画で注意するべきケースとは?

 
資金計画を立てる上で、特に注意するべきケースが5つあります。それが
 
「共働きをしている世帯の場合」
「子供を私立学校に入学させたい場合」
「ある程度年をとってから住宅を購入する場合」
「子沢山世帯の場合」
「二世帯住宅の場合」
 
です。
 
ここでは、それぞれの場合について、詳しく解説していきます。
 
 

1.共働きをしている世帯の場合

お子様を出産されてからも、奥様が働き続ける場合には、奥様の収入を見込んだ上で、住宅ローンを組まれることも可能となります。
 
詳しくはこちら ⇒ 「共働き世帯の場合」
 
 

2.子供を私立学校に入学させたい場合

お子様を、小学校から私立に入れた場合と、高校から私立に入れた場合でまた変わってきます。
 
詳しくはこちら ⇒ 「子供を私立学校に入学させたい場合」
 
 

3.ある程度年をとってから住宅を購入する場合

返済期間が少なくなることで、ローンの返済方法を考えていかなくてはなりません。
 
詳しくはこちら ⇒ 「ある程度年をとってから住宅を購入する場合」
 
 

4.子だくさん世帯の場合

お子様にかかる費用を計算に入れて、資金計画を立てていかなくてはなりません。
 
詳しくはこちら ⇒ 「子だくさん世帯の場合」
 
 

5.二世帯住宅の場合

通常の一戸建てとは異なるメリットとデメリットがそれぞれあります。
 
詳しくはこちら ⇒ 「二世帯住宅の場合」
 
 

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2019 住まいのFP相談所 All rights reserved.