住まいのFP相談所
TOP > 安全なローン返済額確認シート
thumbnail
thumbnail
thumbnail
thumbnail

住宅ローンの代名詞でもある「フラット35」。この利用者の、実に20%もの人が返済困難に陥っているという事実

を皆さまはご存知でしょうか?

これは、5家族に1家族が住宅ローンの支払いに困窮しているという、非常に高い確率といえます。

中には、破たんしてしまい、せっかく買った家を手放さなくてはいけなくなったり、自己破産に追い込まれてしまっ

ていたりするという例も少なくありません。

この事実を聞くと皆様は、「計画性がないからだ」「無理なローンを組むからだ」「自分たちはそのようにはならな

い」とお考えになるかもしれません。しかし、現在返済困難に陥っている方々も、物件購入の段階では、まさか自分

たちがこのような状態に陥るとは考えてはいないのです。

thumbnail

不動産の価格は、面積、日当たり、周辺生活施設、駅までの距離、道路幅、坂道、段差などの、様々な項目により

査定ポイントを定め、正確に決定されています。当然ですが、これらの条件が良くなれば良くなるほど、その金額

も高額になっていくことになります。

thumbnail

物件購入は、一生に一度と言ってもいいほどの大きな買い物です。

せっかく家を買うのですから、妥協してしまっては意味がありま

せん。日当たりがいい方がいい、駅に近い方がいい、リビングが

広い方がいいと、より良い条件の物件を追い求めてしまうことが、

住宅ローンの借り入れ可能限界額まで借り入れを引き上げてしまい、

返済困難へと陥ってしまう落とし穴になってしまうのです。

thumbnail
thumbnail
thumbnail

しかし、家を購入した場合は、通常その物件に大きな問題がなければ、一生住み続けることとなります。

どんなに支払いにリスクが無くても、その家で子供を育て、会社に通い、生活をして行く中で、妥協した点が一生

付きまとうストレスになってしまっては、元も子もありません。

thumbnail
thumbnail
thumbnail

そこで重要となってくるのが「安全に支払っていける借入額の上限」です。

これさえ把握しておけば、ご自身の生活に見合った「安全に支払っていける金額

の中で、もっとも満足のいく物件」を手に入れることができるのです。

「安全に支払っていける借入額の上限」は、年齢、年収、お子様の人数、教育費

にかかる費用、相続の予定等から算出していきます。また最近では、共働き夫婦

の奥様の収入が、どの程度ローンの支払いに割り当てられるのか、という点もこ

の上限額を算出していく上で重要な項目となっています。

そして、住宅ローンの商品をどれにするのかということも、重要なポイントです。

例えば変動金利を利用するのであれば、その金利上昇の可能性も考慮しておかな

ければなりません。

thumbnail
thumbnail
thumbnail

住まいのFP相談所では、住宅の現地見学を始める前の段階からミーティングをしっかりと行い、「安全に支払って

いける借入額の上限」を見極めた上で、もっとも満足のいく物件をお探しいただけるようお手伝いをさせていただ

いております。

一生に一度の大切なお買いものなのですから、後悔の無いよう、事前にしっかりと準備を整えておきましょう。

thumbnail
0120050037 お問い合わせはこちら
thumbnail

住宅ローンの代名詞でもある「フラット35」。この利用者の、実に20%もの人が返済困難に陥っているという事実を皆さまはご存知でしょうか?

これは、5家族に1家族が住宅ローンの支払いに困窮しているという、非常に高い確率といえます。

中には、破たんしてしまい、せっかく買った家を手放さなくてはいけなくなったり、自己破産に追い込まれてしまっていたりするという例も少なくありません。

この事実を聞くと皆様は、「計画性がないからだ」「無理なローンを組むからだ」「自分たちはそのようにはならない」とお考えになるかもしれません。しかし、現在返済困難に陥っている方々も、物件購入の段階では、まさか自分たちがこのような状態に陥るとは考えてはいないのです。

thumbnail

不動産の価格は、面積、日当たり、周辺生活施設、駅までの距離、道路幅、坂道、段差などの、様々な項目により

査定ポイントを定め、正確に決定されています。当然ですが、これらの条件が良くなれば良くなるほど、その金額

も高額になっていくことになります。

thumbnail

物件購入は、一生に一度と言ってもいいほどの大きな買い物です。

せっかく家を買うのですから、妥協してしまっては意味がありません。日当たりがいい方がいい、駅に近い方がいい、リビングが広い方がいいと、より良い条件の物件を追い求めてしまうことが、住宅ローンの借り入れ可能限界額まで借り入れを引き上げてしまい、返済困難へと陥ってしまう落とし穴になってしまうのです。

0120050037 お問い合わせはこちら
thumbnail

しかし、家を購入した場合は、通常その物件に大きな問題がなければ、一生住み続けることとなります。

どんなに支払いにリスクが無くても、その家で子供を育て、会社に通い、生活をして行く中で、妥協した点が一生付きまとうストレスになってしまっては、元も子もありません。

thumbnail
thumbnail
thumbnail

そこで重要となってくるのが「安全に支払っていける借入額の上限」です。

これさえ把握しておけば、ご自身の生活に見合った「安全に支払っていける金額の中で、もっとも満足のいく物件」を手に入れることができるのです。

「安全に支払っていける借入額の上限」は、年齢、年収、お子様の人数、教育費にかかる費用、相続の予定等から算出していきます。また最近では、共働き夫婦の奥様の収入が、どの程度ローンの支払いに割り当てられるのか、という点もこの上限額を算出していく上で重要な項目となっています。

そして、住宅ローンの商品をどれにするのかということも、重要なポイントです。

例えば変動金利を利用するのであれば、その金利上昇の可能性も考慮しておかなければなりません。

0120050037 お問い合わせはこちら
thumbnail

住まいのFP相談所では、住宅の現地見学を始める前の段階からミーティングをしっかりと行い、「安全に支払っていける借入額の上限」を見極めた上で、もっとも満足のいく物件をお探しいただけるようお手伝いをさせていただいております。

一生に一度の大切なお買いものなのですから、後悔の無いよう、事前にしっかりと準備を整えておきましょう。

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2019 住まいのFP相談所 All rights reserved.