住まいのFP相談所
TOP > 注文住宅相談カウンター

住宅展示場を自分で回ったり、インターネットで資料請求したりして比較検討している

自ら住宅展示場やインターネットから資料請求するなどして情報を集める際に注意したいことがあります。
それは、モデルハウスを見学する際や資料請求をする際には、個人情報をなるべく出さないようにするということです。
特に名前・住所・電話番号を記載して渡してしまうと、それを受け取った目の前の営業マンがそのままあなたの担当営業マンとして社内で登録されてしまいます。

例えば他県で、あるハウスメーカーの建物を見る前にアンケートを渡されて書いたとします。
色々見た後にやっぱりあのハウスメーカーが良かったなと思ったあなたはそのハウスメーカーで建築をした友人に相談しました。
すると友達からそのハウスメーカーの松戸にある展示場の所長でベテランの方を紹介してもらえることになりました。
最初に出会った営業マンはなんとなく頼りなくあまり良い印象ではなかったので、喜んで友達にお願いしました。
しかし、数日後あなたに電話して来たのは初めにアンケートを渡したあの頼りない営業マンだったのです。
なぜあの頼りない営業マンはあなたに電話して来たのでしょう?







多くのハウスメーカーでは社内でトラブルにならないよう、最初にお客様の個人情報を登録した人がその後も専属で担当をする制度になっています。
その担当制度は固く守られ、後からいくら良い営業マンと出会うことがあっても担当を変えてもらうことはできないのです。
満足の良く家造りをするには経験豊富でセンスの良い営業担当の知識や提案力が必要不可欠です。
しかし、残念ながらその様な担当者と出会えていないことのほうが圧倒的に多いのが現状です。
私共からご紹介させていただく場合には、必ずそのハウスメーカーの所長、もしくはセンスが良く、経験豊富な担当者をご紹介させていただいております。
住宅展示場を見て周ったり、資料請求をしてみたりすることはとても良いことですが、頼りない担当者に登録をされないよう、個人情報はなるべく記入しないほうが良いでしょう。

まだまだある!個人情報を記載した際に起こるこんなこと!

どのハウスメーカーのアンケートにも年収を書く場所がありますが、ここには最大の注意をしてください。
ある大手ハウスメーカーでは年収が高く予算が伸びそうな顧客には、同じ建物であっても
年収がギリギリの人よりも高い金額で顧客に提案しています。これは、建物の契約金額と建物を建築する為の原価の差額が、その担当者の成績・歩合になっているからです。
某大手ハウスメーカーでは、年間に2件契約が取れればノルマ達成というところもあります。2件でノルマ達成であればその1件ずつに秘められた利益はどれほどの大きさなのか想像してみてください。
とはいえ家造りを真剣に検討しようとした際には年収なども伝え正確な資金計画を作る必要があります。であればせめて最初の見積もりをもらうまでは年収は伏せておいたほうが良いかもしれません。

見積もりを比較する際に注意したいこんなこと

検討しているハウスメーカー3社に見積もりを出してもらったら、A社が1番価格が安く見える。しかし良く見てください。ハウスメーカーの見積もりは、各社どこまでの料金となっているかが違います。同じ2,000万円の見積もりでも、A社は建物金額のみで地盤改良費や、水道の引込費用、外構などの予算組はしてありませんでした。
B社は、見積もり金額は2,150万円とA社より高く見えますが、その見積もりの内容をみると地盤改良費を100万円、水道引込費用を50万円、外構費用を100万円の予算組をしており、建物金額だけでいえば1,900万円とA社より安かったのです。
その他、見積もりの項目は各社違った表記をすることが多く、各社同じ条件で見比べることは非常に難しくなっています。
見積もりを見比べる際には何が価格に含まれていて、何が含まれていないかを判別できる経験がある弊社へご相談ください。

TOP > 注文住宅相談カウンター
0120050037 お問い合わせはこちら

住宅展示場を自分で回ったり、インターネットで資料請求したりして比較検討している

自ら住宅展示場やインターネットから資料請求するなどして情報を集める際に注意したいことがあります。
それは、モデルハウスを見学する際や資料請求をする際には、個人情報をなるべく出さないようにするということです。
特に名前・住所・電話番号を記載して渡してしまうと、それを受け取った目の前の営業マンがそのままあなたの担当営業マンとして社内で登録されてしまいます。

例えば他県で、あるハウスメーカーの建物を見る前にアンケートを渡されて書いたとします。
色々見た後にやっぱりあのハウスメーカーが良かったなと思ったあなたはそのハウスメーカーで建築をした友人に相談しました。
すると友達からそのハウスメーカーの松戸にある展示場の所長でベテランの方を紹介してもらえることになりました。
最初に出会った営業マンはなんとなく頼りなくあまり良い印象ではなかったので、喜んで友達にお願いしました。
しかし、数日後あなたに電話して来たのは初めにアンケートを渡したあの頼りない営業マンだったのです。
なぜあの頼りない営業マンはあなたに電話して来たのでしょう?







多くのハウスメーカーでは社内でトラブルにならないよう、最初にお客様の個人情報を登録した人がその後も専属で担当をする制度になっています。
その担当制度は固く守られ、後からいくら良い営業マンと出会うことがあっても担当を変えてもらうことはできないのです。
満足の良く家造りをするには経験豊富でセンスの良い営業担当の知識や提案力が必要不可欠です。
しかし、残念ながらその様な担当者と出会えていないことのほうが圧倒的に多いのが現状です。
私共からご紹介させていただく場合には、必ずそのハウスメーカーの所長、もしくはセンスが良く、経験豊富な担当者をご紹介させていただいております。
住宅展示場を見て周ったり、資料請求をしてみたりすることはとても良いことですが、頼りない担当者に登録をされないよう、個人情報はなるべく記入しないほうが良いでしょう。

0120050037 お問い合わせはこちら

まだまだある!個人情報を記載した際に起こるこんなこと!

どのハウスメーカーのアンケートにも年収を書く場所がありますが、ここには最大の注意をしてください。
ある大手ハウスメーカーでは年収が高く予算が伸びそうな顧客には、同じ建物であっても
年収がギリギリの人よりも高い金額で顧客に提案しています。これは、建物の契約金額と建物を建築する為の原価の差額が、その担当者の成績・歩合になっているからです。
某大手ハウスメーカーでは、年間に2件契約が取れればノルマ達成というところもあります。2件でノルマ達成であればその1件ずつに秘められた利益はどれほどの大きさなのか想像してみてください。
とはいえ家造りを真剣に検討しようとした際には年収なども伝え正確な資金計画を作る必要があります。であればせめて最初の見積もりをもらうまでは年収は伏せておいたほうが良いかもしれません。

見積もりを比較する際に注意したいこんなこと

検討しているハウスメーカー3社に見積もりを出してもらったら、A社が1番価格が安く見える。しかし良く見てください。ハウスメーカーの見積もりは、各社どこまでの料金となっているかが違います。同じ2,000万円の見積もりでも、A社は建物金額のみで地盤改良費や、水道の引込費用、外構などの予算組はしてありませんでした。
B社は、見積もり金額は2,150万円とA社より高く見えますが、その見積もりの内容をみると地盤改良費を100万円、水道引込費用を50万円、外構費用を100万円の予算組をしており、建物金額だけでいえば1,900万円とA社より安かったのです。
その他、見積もりの項目は各社違った表記をすることが多く、各社同じ条件で見比べることは非常に難しくなっています。
見積もりを見比べる際には何が価格に含まれていて、何が含まれていないかを判別できる経験がある弊社へご相談ください。

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2019 住まいのFP相談所 All rights reserved.