住まいのFP相談所

» 退職間近の場合

 


 

弊社のFPがご提案する前のお客様データ

まずは、弊社のFPが改善案をご提案する前のお客様のデータがこちらです。
 

今後40年間の収入・支出の推移予想


 

金融機関残高の推移予想


 
 

弊社のFPがご提案した後のお客様データ

次に、弊社のFPがお客様の現状を分析し、最適な改善案をご提案した後のお客様のデータです。
ただ、現在も引き続きサポートさせていただいていますので、現時点での最適なご提案となります。
 

今後40年間の収入・支出の推移予想


 

金融機関残高の推移予想


 
 

改善ポイント

このお客様に対して、弊社のFPがご提案させていただいたのは
 
「いつ、どこにお金を置くのがベスト?」
 
です。
ご主人が間もなく退職。退職金が1300万円ほど見込める状況でした。
 
当初のご相談では、退職金を使って繰上げ返済をするのがいいのか。
このまま、何もしないのがいいのか。
相談する相手がいなくて困っていたとのこと。
 
ちなみに、老後の資産をシミュレートしてみると、資金が87歳で底をついてしまいます。
 
何もしないのはまずい!
 
そこで、いくつか弊社のFPから改善案をご提案させていただきました。
具体的な改善点のご提案としては、
 
・家計で無駄が出ていないかのチェックと修正。
 (毎月3万円ほどの生命保険に加入していましたが、ご夫婦には全く合わない内容。)
・58歳時点での500万円の繰り上げ返済。さらに、フラット35で組んでいたローンの借り換え。
・60歳時点で残りのローン残債を終了させる繰り上げ返済。(これによりローンが完済されます。)
 
また、手元資金をただそのまま置いておいてはお金が減る一方です。
そこで、65歳から10年間、合計500万円の支払いで、75歳以降を充実させる商品をご提案しました。
 
手元に大きなお金を残すのではなく、60歳以降でも計画的に積み立てをする。
さらに、親の介護に備える。退職後の家計メンテナンスを中心にお手伝いしております。

 
 

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2019 住まいのFP相談所 All rights reserved.