住まいのFP相談所

「中古」が向いている人とは?

「中古物件」の一番の魅力は?

「中古」の一番のメリットは、やはりその物件価格の安さにあります。もちろんその物件価格は築年数によって大きく左右されますが、ご自身の年齢と合わせて考えてみて、残りの生涯の間に建て替えが必要ないのであれば、十分にメリットのある物件だと考えられます。
 
 

「マンション」の「中古」はお買い得!?

特に、「マンション」においては「新築」と「中古」の価格差が顕著に現れます。「新築マンション」は、入居すると同時に600万も価格が下がるといわれています。このようなことは、「一戸建て」では考えられません。何故このような差が出てきてしまうのでしょうか?
 
「新築マンション」を販売する際には、数100戸等の大きな単位で販売することになります。そのため、モデルルームを建てたり、芸能人を起用したCMをうちたてたり、営業に力を入れたりなど、膨大な広告宣伝費用を使って集客活動を行います。それにより、「新築マンション」は、実際の費用よりも強気な価格設定でも、売却効果が得られるのです。
 
だからこそ「新築マンション」と「築数年の中古マンション」では、その価格差は大きくとも、物件そのものとしてあまり遜色ないものを購入することが可能なのです。「新築」にこだわらず、物件価格を安く抑えることができれば、同じ価格をかけてより条件の良い物件を探すこともできるようになります。
 
 

「中古」は環境にも優しい!?

「一戸建て」や「マンション」を新築する際には、多くの二酸化炭素が排出されることになります。現在日本では、住宅が飽和状態になっているという現実もあり、政府も既存住宅の流通促進の方針を打ち出しています。「中古住宅」を選択することは、環境にも優しいということになるのです。
 
以上の事から考えると、建て替えを考えなくてもよい「シニア世代」や、「新築」にこだわりを持たない人にとって「中古住宅」は、非常に賢い選択になるといえると思います。
 
 

結論

「子育てを終えたシニア世代」「物件購入価格を抑えたい」方にとっては「中古」が向いているといえます。

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2021 住まいのFP相談所 All rights reserved.