住まいのFP相談所

「一戸建て」が向いている人とは?

 
あなたが住宅を選択する時、最も重視する点は何ですか?
「資産価値」を最も重要視するというあなたには、「一戸建て」が向いているといえるでしょう。
 
 

「資産価値」とは?

「資産価値」とは、その住宅が持っている値打ちということ。つまり、老後の資産のために売却したい場合や、転勤の為に賃貸に出したい場合、子供に相続させたい場合の時に、どれだけ高値で取引できるかということです。
 
「一戸建て」の方が「マンション」よりも資産価値が優れているといえる理由として、建物価格が大半となる「マンション」は、経年劣化とともにその価値は下がっていきますが、土地価格が大半となる「一戸建て」であれば、たとえ建物の価値がゼロになったとしても、土地の価値は半永久的に残っていくということがいえます。
 
例えば50年後、「マンション」「一戸建て」ともにその建物の資産価値がゼロになったとしても、「一戸建て」ならば土地の価値がまだ残っているということです。
 
 

さらに、ランニングコストを考えると…

また、「一戸建て」と「マンション」を選ぶ際には、そのランニングコストも考慮して住宅価格を考えなければいけません。
 
「マンション」には必ず「管理費・修繕積立金・駐車場代」等のランニングコストがかかってきます。首都圏における平均的な価格として、管理費9,000円、修繕積立費15,000円、駐車場代12,000円かかるとすると、毎月住宅ローンの返済に加えて36,000円が上乗せされることになります。
 
このマンションに仮に50年住むとすると、36,000円×12カ月×50年で、実に2,160万円もの金額が物件価格にプラスしてかかってくることとなります。さらに、多くのマンションでは、新築時に設定された修繕積立費が、年々値上げされていくということも少なくありません。マンションによっては、当初の5倍に膨れ上がったというところもあるほどです。
 
もちろん、「一戸建て」にも修繕費はかかってきますが、「マンション」の場合には共用部分の修繕費も賄わなくてはならなくなるため、その金額には大きな開きが出てきます。
 
また、「一戸建て」の場合には、共用部分の掃除等に使われる管理費は必要なく、駐車場も敷地内にあることが大半と考えると、その差は歴然です。
 
 

結論

「住宅の資産価値」や「生涯居住費としてかかるコスト」を重要視する方には「一戸建て」が向いているといえます。
 
 

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2021 住まいのFP相談所 All rights reserved.