住まいのFP相談所

» 子供を私立学校に入れたい場合

 
一口にお子様を私立学校に入れたいといっても、どの段階から私立に入れるのかで、その金額は大きく変わってきます。まずは、公立と私立の学費を比較して、どの程度の差が出てくるのかをみてみましょう。
 

 
それでは、一般的な進学パターンで、その費用の違いをみてみましょう。
 

 
こちらのパターンを見ていただいてもわかる通り、大学からと中学からの差だけでも、約427万円になります。
 
この金額を念頭に入れて、住宅の購入価格をその分減らしていかないと、返済計画に大きな支障をきたしてしまうのです。しかし、お子様をいつから私立学校に入学させるという計画をしっかりと立てておけば、それを含めた住宅ローンの返済計画が立てられるため、無理のない資金計画が立てられるというわけです。
 
住宅ローンを組む際には、計画的な貯蓄、奨学金や教育ローンの利用も考えて、ご自身のライフプランもしっかりと計画し、資金計画を立てていくことが必要になってきます。
 
 

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2019 住まいのFP相談所 All rights reserved.