住まいのFP相談所
  1. ホーム >
  2. 住宅コラム >
  3. 住宅コラム131 太陽光パネル付き住宅について

住宅コラム131 太陽光パネル付き住宅について

太陽光や熱、風力などを利用した自然エネルギーが注目され、省エネやエコについての関心が高まるなか、住まいの設備機器としても環境負荷が少ないこと、エネルギー源が無尽蔵であることなどから、太陽光パネル付き住宅が増えています。ある調査によると、新築した家の6軒に1軒が太陽光発電システムを搭載しているというデータがでています。そこで今回、知っておきたい太陽光パネル付き住宅について必要な基礎知識をご紹介していきます。
 

 

そもそも「太陽光発電システム」とは?

太陽光発電システムとは、太陽光エネルギーから家庭で使える電気を作り出すシステムのことです。屋根に設置した太陽電池モジュール(太陽光パネル)で太陽光エネルギーを電気に変換、住宅内で使用する電気とし、余った電気は電力会社に売却することもできます。
 

非常時にも利用可能

太陽光発電システムは、停電時でも天気の良い昼間であれば、自立運転機能によって電気を利用することが可能です。太陽光発電システムで供給できる電力は、モジュール本体の性能によって異なりますが、おおむね携帯電話の充電や小型のラジオやテレビなどは利用可能な供給量といわれています。災害時の情報把握や連絡などができるため、非常時は安心できるでしょう。
 

シミュレーションは必ずすること!

太陽光発電システムは、晴天に比べ曇や雨の日には発電量は減ります。また、モジュール上に雪などが積もると発電することができません。設置する場所や向き、周辺環境なども含めて立地を考慮し設置を検討する必要があります。施工を依頼する際には見積りはもちろん、シミュレーション(試算表)を比較することが大切です。電力の買い取り価格等、制度についての注意も重要ですが、どの程度の発電が見込めるのか、電気代がどのくらい安くなるのか、本当に売電できるのかなど、確認することが重要です。
 

保証期間やメンテナンス内容の確認を!

保証期間やアフターメンテナンスについて、必ず契約書などを事前に確認してください。無料保証の範囲はどこまでなのか、何が含まれるのかなどの確認も必要です。また、アフターメンテナンスでは、定期点検の費用、手入れ・管理方法などの内容がどのようになっているのか確認しておきましょう。保証期間内容はパネルの保証期間も重要ですが、コンディショナなどモジュール以外の機器や工事の保証期間も重要となります。

松戸・ 柏・流山・市川の不動産に関するお悩みやご不安については、
住まいのFP相談所にお気軽にご相談ください。→ お問い合わせはこちら

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2019 住まいのFP相談所 All rights reserved.