住まいのFP相談所
  1. ホーム >
  2. 住宅コラム >
  3. 住宅コラム127 住み替えの時の注意点

住宅コラム127 住み替えの時の注意点

住み替え時は、売却と購入のタイミングで悩まれる方が多くいます。人生最大の買い物といわれる住宅なだけに、住み替えでの失敗は大きな損失につながります。今回は、住み替えについてよく考え、売却と購入、どちらが先のほうが良いのかそれぞれについて、メリットとデメリット、そして失敗しないための注意点をご紹介していきます。
 

 

先に売却をする場合

新しい住宅を購入するための資金計画が立てやすく、売却に時間をかけることができるのが大きなメリットです。しかし、売却が決まり住宅の引渡しまでの時間に、新しく住み替える住宅を決めていないといけません。計画通りに新居が決まらない場合は、仮住まいなどが必要になり、ホテル住まいになってしまうケースもあります。そうなると、金銭面の負担としては当初の計画と大きく異なるリスクがあります。
 

先に購入する場合

前述した売却と逆で、新居を探すための時間を多くかけて選ぶことができます。そのため、希望する物件が見つかる可能性が高く、新居の満足度などが大きいというメリットがあります。しかし、デメリットとしては売却に時間がかけられないため、十分な条件での売却ができないケースがあり、売却する物件のローンを返済中の場合は、新居の住宅ローンとの2重の支払いが発生するリスクがあります。
 

注意点

1.自己資金などの予算と諸費用の確認を!
購入と売却のそれぞれで諸費用が発生するため、預貯金額を確認したうえで、売却と購入で必要となるお金の流れを把握しておく必要があります。ここから、購入可能な物件の価格を確定させましょう。
 
2.住宅ローンの仮審査をする
購入する物件が決まっていなくても、住宅ローンの仮審査は可能です。すでに審査に通っていると購入の交渉もスムーズに進むので、仮審査をお勧めします。
 
3.売却価格を高くせず、査定をする
少しでも高く売りたいがために売却価格を高く設定してしまうと、買い手がつかなくなり、何度も価格を下げる可能性がでてきます。その場合、最終的には値引きなどの不利な価格で売らざるを得なくなる場合もあるため、自宅がいくらで売れるのか、相場を知り査定などをしておく必要があります。

松戸・ 柏・流山・市川の不動産に関するお悩みやご不安については、
住まいのFP相談所にお気軽にご相談ください。→ お問い合わせはこちら

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2019 住まいのFP相談所 All rights reserved.