住まいのFP相談所

» 将来、病気やけがなどで働けなくなった場合、 住宅ローンってどうなっちゃいますか?

 

ご相談内容:将来、病気やけがなどで働けなくなった場合…

将来、病気やけがなどで働けなくなった場合、 住宅ローンに関してはどのようになるのでしょうか。
住宅ローンを35年で組もうと考えているのですが、病気やけがなどで働けなくなった場合、住宅ローンがどうなるか心配です。
なにか救済策のようなものがあれば教えていただきたいです。
 
 
 

弊社の回答

所定の高度障害状態のケースでは、団体信用生命保険で住宅ローンの支払いを回避することができます。
しかし、通常の病気やけがや高齢などで仕事に就くことが出来ず収入が無くなった場合は、この保険では対応できません
住宅購入時の年齢や将来設計を踏まえたローン設計をすることが重要です。
また、任意で別途保険などに加入し万が一に備えることも重要となってきます。
住まいのFP相談所では、住宅購入時の保険内容の診断と見直しや、住宅ローンを組む際のよりよいマネープランの無料アドバイスを行っております。
 
 

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2019 住まいのFP相談所 All rights reserved.