住まいのFP相談所
  1. ホーム >
  2. 住宅コラム >
  3. 住宅コラム108 ホームステージングについて【前編】 〜ホームステージングとは?〜

住宅コラム108 ホームステージングについて【前編】 〜ホームステージングとは?〜

近年、不動産の売り方の一つとして「ホームステージング」が注目を浴びています。中古物件の多くは、空室状態で売りに出されているものが多く、買い手側もイメージだけで購入の判断をしなくてはいけません。そのような状況を打破すべく、買い手・売り手ともにメリットがある「ホームステージング」という手法を用いて、物件の購入・売却の手助けをしています。そこで今回は、買い手・売り手の立場から見た「ホームステージング」について前後編に分け解説していきます。
 

 

ホームステージングとは?

そもそも「ホームステージング」は、持ち主もしくは施主の個性に合わせたデザインで部屋を飾るインテリアコーディネートとは違い、市場ニーズを意識しながら「購入ターゲット」を絞ったコーディネートを行います。部屋を「飾る」のではなく、生活を意識させる「演出」を施すのです。そのため、家具などによってコーディネートされた物件は、生活を意識できることから買い手は購入後のイメージを膨らませやすくなり、売り手は物件の価値を最大限引き出せるという大きなメリットを併せ持っているのです。

買主側のメリット

前述した項目も含め、買主側のメリットについて解説していきます。

・購入後の住んでいるイメージを描きやすい
実際に家具やインテリアが配置されていることで、生活のイメージが沸きやすくなります。また、プロのコーディネーターにより部屋がデザインされているため、その部屋を参考に家具の購入や配置などをおしゃれにできるという点でもメリットが高いといえます。

・購入後の満足度が高い傾向にある
多くの場合、引っ越し後に家具が足りなくて部屋を持て余してしまったり、収納ができず部屋に収まり切らなくなってしまったりなどの事態が生じます。しかし、「ホームステージング」では部屋の魅力を最大限発揮するように部屋をデザイン、またはアレンジしているため、購入後の失敗を最小限に抑えることができます。一度完成された部屋を見ているからです。

いかがでしたでしょうか。
今回の記事では、「ホームステージング」と買い手側のメリットについてご紹介しました。不動産の買い物は金額が大きくなるため慎重になる必要がありますが、「後悔しない購入」に焦点を当てると、「ホームステージング」は非常に有効な手段かと思います。

松戸・ 柏・流山・市川の不動産に関するお悩みやご不安については、
住まいのFP相談所にお気軽にご相談ください。→ お問い合わせはこちら

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2019 住まいのFP相談所 All rights reserved.