住まいのFP相談所

» ブラックリスト?派遣?住宅ローンが組めない条件とは?

 
住宅を購入したくても、「ブラックリストのため」や「派遣社員だから」「契約社員だから」「育休・産休中のため」など、様々な事情により住宅ローンを組むことを諦めてしまっている皆さん。まだまだ諦めるのは早いです!
 
多くの銀行ではお断りされてしまうことの多いケースかもしれませんが、銀行にはそれぞれ独自の審査基準がありますので、銀行によっては、住宅ローンを組むことが難しいとされるケースでも、審査が通る可能性が残されているのです。
 
今回は、このような住宅ローンが通ることが難しいとされているケースを4つほどあげまして、各銀行の審査基準と照らし合わせながら検証していきたいと思います。
 
 

ブラックリストのためにお断りされてしまうケース

まずは、過去にクレジットカードの返済における遅延などを起こしてしまったことにより、いわゆる“ブラックリスト”に載ってしまい、住宅ローンをお断りされてしまうケースです。
 
“ブラックリスト”とは、個人信用情報機関にそのような履歴が残ってしまっている状態のことを言います。現在日本には3つの個人信用情報機関、CIC、KSC、JICCがあり、かつては、それぞれが別に情報を管理していましたが、現在では、データを共有していて、ほぼすべての金融機関で、その信用情報をすべて照会できるようになっています。しかも、完済後も過去5年にさかのぼり、情報が残されることになりますので、少しの気の緩みから返済に遅延を起こしてしまうと、後々大変なことになってしまうというわけです。
 
それでは、各銀行のブラックリストの取り扱いを見てみましょう。
 

 
このように、ほとんどの銀行では“否決”という結果が出てしまいましたが、唯一E銀行だけが場合によっては審査が通ることがあり得ることが分かりました。
 
このようになった理由として、各銀行は、それぞれ住宅ローンの保証の為に、保証会社と提携を行っています。その保証会社がOKといわない限り、住宅ローンの審査が通ることは難しいのです。では、なぜE銀行だけ応相談という結果になったかというと、E銀行は保証会社を付帯していないからなのです。このような銀行であれば、ブラックリストに載っていても、ケースによっては審査が通る可能性があるといえます。
 
 

派遣・契約社員の為にお断りされてしまうケース

雇用形態が派遣社員や契約社員である場合、住宅ローンの審査が通らないとお考えの方も多いと思いますが、実は、そんなことはなく、条件によってはすんなりと通ってしまうケースもあります。各銀行の派遣社員・契約社員の取り扱いを見てみましょう。
 

 

 
A、B、D銀行では、否決という結果が出てしまいましたが、C銀行、E銀行であれば、条件によっては融資可能という結果になりました。なかでも、C銀行は条件が厳しくなかなかクリアするのが難しいですが、E銀行であれば、かなり低いハードルで銀行の審査を通ることが可能となりそうです。
 
 

育休・産休中の為お断わりされてしまうケース

奥様が、産休中や育休中の場合には、奥様の収入をあてにした住宅ローンを組むことが難しいとされています。ここでも、各銀行の取り扱い状況を見ていきます。
 

 
A銀行は育休中の身審査可能。B銀行、D銀行の場合には、条件により審査可能。C、D銀行の場合は、産休中・育休中共に審査不可という結果になりました。銀行によってはこのように大きな差が出てくるのです。
 
 

転職後間もない為にお断わりされてしまうケース

多くの銀行が、審査基準に勤続年数を取り入れているため、転職後間もない場合はお断りされてしまうケースがあります。原則としては勤続3年以上を基準としていますが、多くの場合は1年以上勤務を継続していれば審査のテーブルにつくことが可能です。それでは、勤続年数が1年に満たない場合のケースで各銀行の取り扱いを見てみましょう。
 

 
勤続年数が1年に満たない場合は、A銀行は不可、B、C、D、E銀行であれば条件により審査可能という結果が出ました。特にE銀行は、比較的審査が通りやすいようです。
 
 

まとめ

このように、住宅ローンの審査は、銀行によって大きな差があります。選ぶ銀行を間違えてしまうと、審査可能の条件であるにもかかわらず、住宅ローンが通らないと、住宅購入を諦めてしまう結果にもなりかねません。このような状況を防ぐためには、各銀行の審査基準を熟知し、また、それを提案することのできる不動産会社を選ぶことが重要となってくるのです。
 
当事務所では、各銀行の審査基準を把握し、様々な条件でのご相談に対応することが可能です。住宅ローンの審査にご不安のある方は、どうぞお気軽に当事務所へご相談ください。
 
 

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2019 住まいのFP相談所 All rights reserved.