住まいのFP相談所

» ローンの見直しについて

 
夢のマイホームを手に入れて、ほっと一息。しかし、その住宅ローン、今のままで大丈夫ですか?金利は、社会情勢や景気によりどんどん変わっていくものです。状況に応じて見直しを行っていかないと、知らず知らずのうちに、大きな損をしてしまうことにもなりかねません。
 
社会の動きを見極めながら、定期的に住宅ローンの見直しを行って、無駄のない返済計画を立てていきましょう。
 
 

「変動金利」をご利用の方

変動金利をご利用の方は、特に注意が必要です。社会の様々な動きによってその金利は常に変化していきます。したがって、定期的に見直しを行っていかないと、当初立てていた返済計画が大きく変わってしまうことも考えられるのです。
 
 

住宅ローンの“切り替え”

ほとんどの住宅ローン商品は、組んでから数年すると、同じ銀行内で別の商品に切り替えることが可能です。
 
「切り替え」とは一般的に、変動金利の商品から固定金利の商品へ切り替えや、3年固定の商品から期間終了後10年固定に切り替えるなどのことを言います。その際の手数料も、無料や数千円程度の場合がほとんどです。
 
 

切り替えはいつ行えばいいのか?

大きく言ってしまうと、金利が低い時や、下降傾向にある時は変動金利を。金利が上昇しそうな時には固定金利に切り替えるのが賢い切り替えの仕方だといえます。
 
変動金利の見直しは、年に2回、4月と10月に行うことが可能です。この時に指標としたいのが、日銀が発表する短期プライムレートです。
 
短期プライムレートは、毎月更新され、その動向を見て各銀行もその金利の見直しを行っています。したがって、この短期プライムレートのチェックを怠らなければ、ある程度金利の動きを予想することが可能なのです。
 
これらの動向を見ながら、住宅ローン商品の切り替えをうまく行っていくことが、上手な「切り替え」の方法だと言えるかと思います。
 
 

住宅ローンの“借り換え”

もうひとつ、住宅ローンの見直し方法として、住宅ローンを丸ごと他の銀行に変えてしまう「借り換え」という方法があります。
 
こちらは、「切り替え」とは違い、銀行を変える為、諸々の諸経費が数十万円程度、必要となってきます。一般的には、借り換え前と借り換え後で、1%以上の金利の差がないとメリットがないといわれていますが、長い目で見て考えると、「借り換え」を行った方が、得する場合もあります。社会の情勢を見極めながら上手く計算して、見直しを進めていくことが重要です。
 
 

お悩みの場合は専門家に相談を!

住宅ローンを返済中の皆様は、少しでも利息を少なくして得をしたいとお考えの方が多いと思います。しかし、社会情勢を見極めながら、“切り替え”と“借り換え”を上手く使って見直しを行っていくのは、素人には至難の業です。
 
このようなときの為に、お金の専門家であるファイナンシャルプランナーが存在するのです。弊社では、無料の個別相談サービスも行っておりますので、変動金利が見直される前月の3月や9月にご相談いただければ、その時に最適の商品をおすすめすることが可能です。
 
住宅ローンの返済を賢く行っていきたい場合には、お気軽にFPにご相談ください。
 
 

〜 関連リンク 〜

0120050037 お問い合わせはこちら

Copyright © 2015 - 2019 住まいのFP相談所 All rights reserved.